おしゃれ染めと白髪染めの違い


白髪染めへの抵抗を感じている人が多数ですが・・・

おしゃれ染め(ファッションカラー)と
白髪が染め。

お客様とお話をしていると、
どうやら全くの別物と思っている人が多数。

では実際はどうなのか?
というと、実は基本的なカラーシステムは変わりません。

一番違うのは、
【着色時の色味】です。
そこを少し詳しく説明してみます。

まずその前に、こちらを御覧ください。
こちらを理解している前提でお話します。
ヘアーカラーの仕組みDoticon_red_Right


白髪染めを難しくしているのは、黒髪の存在

白髪染めは、当然ですが白髪がある人向けのカラーです。
しかし白髪がある人の9割以上は、
黒髪も含んだ状態です。

つまり白髪に悩む人の頭には
白髪

黒髪
の2種類が混在して、
この真逆の2つ髪を同じ色に染め上げる。
これが白髪染めです。


日本人のヘアーカラーには、茶色が必要

そして、日本人のヘアーカラーで
一番自然な染めあがりは
自然な茶色ベースの色味ですね。

真っ赤や真っ青希望の人もいますが、
需要が多いのは茶色ベースのカラーです。

ヘアーカラーの仕組みを理解している人は
わかりやすいと思いますが

染めあがり希望が 自然な茶色 の場合、

白髪→茶色にするには着色が必要
黒髪→茶色にするには脱色が必要

と、同じ茶色にするにも
白髪と黒髪では違う作用が必要なのです。

そこで・・・

イメージしてみてください。

黒髪は脱色すると茶色になります。

白髪は脱色しても、白髪のままです。

次に、着色です。

試しにおしゃれ染用の赤で染めてみたとしましょう。

黒髪を脱色して茶色に→赤に着色→赤系の茶色に

白髪を脱色しても白髪→赤に着色→真っ赤に!!!!

と、こうなります。

ようするに、
白髪を自然な茶色系に染め上げるには、
おしゃれ染めに比べて茶色の成分が大量に必要
なのです。

ここがおしゃれ染めと白髪染めの一番の違いです。

そして、この茶色の成分こそが主にはジアミンといわれる成分で、
髪に染まった後に時間がたっても色抜けしない
数少ない成分となります。
が、その反面毒性やアレルギー性が指摘され
敏感肌の人や妊婦さんへの影響が心配される成分でもあります。

【次世代ヘアーカラー】
ファイヤーヘッドの次世代カラーリングシステムについてはコチラDoticon_red_Right