AirWave(エアーウェーブ)とデジタルパーマの違いとは?

エアーウェーブ デジタルパーマ 沖縄県 宜野湾市 ファイヤーヘッド


当サロンは、AirWave(エアーウェーブ)とデジタルパーマを導入しております。

  圧倒的な手触り!ファイヤーヘッドのデジタルパーマに関してはコチラを御覧くださいDoticon_red_Right

その際、おそらく他のサロンと一番違うと思う点は、 追加料金を一切いただかずに、 スタイリストの判断で勝手にエアーウェーブやデジタルパーマの機械を 使用している(もしくは使用しない)という点だと思います。

この様なシステムにした理由は簡単です。 お客様に決めさせるべきではないから。

使用機材は、仕上がりデザインに大きく違いがでます。 つまり、希望のデザインに応じて 必要か不要かを考える必要があるからです。 これを料金を変えてお客様に選ばせたら・・・ チョイスするデザインではなくてご予算で 薬剤や機材をチョイスせざるを得ない状況になりますよね。

それって・・・どうなの? と。

この大切な部分を、 料金設定を変えて ご予算に応じてお客様に選ばせる様なシステムは 絶対に間違っている と、私達は考えています。 ただ、近頃は お客様の希望スタイルの多くが 『大きいカールをしっかり出したい』 なので、デジタルパーマやエアーウェーブの利用率は おそらく90%を超えていると思います。

では、このエアーウェーブ、デジタルパーマ 他のパーマと何が違うのか? をなるべくわかりやすく説明してみたいと思います。 現在主流の2つのパーマです。


ポイントは【クリープ】と【乾燥】のダブルの物理パワー

エアーウェーブやデジタルパーマは、 この【クリープ】と【乾燥】を 均一にキレイに行うための機材である、 と言えます。

物理パワーその1・【クリープ工程】

クリープに関しては、 簡潔にまとめると、 パーマ液(ダメージの原因)の利用を 7割程度(イメージ値)に抑えても 充分キレイなカールが得られるのがクリープパーマです。 クリープ=弾力のあるくっきりカールを弱い薬剤で可能 と言えます。

物理パワーその2・【乾燥工程】

では、乾燥工程とは・・・? デジタルパーマはまさにこの乾燥工程による デザイン効果を狙ったパーマで、 パーマの途中で髪から水分を抜き乾燥させることで、 通常のパーマでは作用させられない部分にまで 作用を行き届かせます。 乾燥=スタイリング時、髪が乾いた時にも大きな弾力のあるカールが再現される といった効果があります。 シャンプー後、髪を乾かしてから巻く コテ巻・アイロンによる巻髪スタイルにも似た質感が 再現できるパーマとして人気を集めたのも この乾燥工程による効果のお陰です。


デジタルパーマとエアーウェーブの違いは?

当サロンではエアーウェーブもデジタルパーマも使用していますが、 双方とても良いパーマシステムです。

FIREHEADオープン時には、 どちらを導入するかでかなり悩みました。 今では双方を導入しております。 エアーウェーブとデジタルパーマの一番の違いは、 温度の高さ(幅の広さ) と 髪への温度のかけ方 です。

デジタルパーマは、ロットそのものに電極を繋ぎ ロット自体が熱くなり、髪の水分を抜きます。 その温度は設定次第では100度を超える高温になります。

に対し

エアーウェーブは温風で乾かし、ロットに吸水用のチューブを繋ぎ 水分を抜き取ります。 熱風の温度は最高で55度

一番の違いは、この設定温度の上限。

デジタルパーマは最高100度超え。 エアーウェーブは55度。 温度が高いと、乾くの早いけど傷む。 温度が低いと、乾くの遅いけど安心。 つまり、 デジタルパーマは使いこなせばとても素晴らしいパーマですが、 しっかり勉強している美容師が使いこなさないと とんでもない失敗が起こる可能性が・・・。
 
ファイヤーヘッドではまず滅多なことがない限り、 60度以下しか使用しません。
温度の面で言えば エアーウェーブの方がその点では安心感があり、 その仕上がり作用もデジタルパーマに遜色ありません。  
エアーウェーブの弱点は、
・うるさい(風の音)
・時間がかかる(温度が低いから)
・デカイ(置く場所(笑)
などでしょうか。
 
デジタルパーマも今はとても魅力的です。
 
正直、エアーウェーブやデジタルパーマの 使いこなしには自信あります。
 
ファイヤーヘッドのパーマ、 是非一度体感してみてください。